激しい劣等感。
猛烈な欠乏感。
圧倒的な孤独感。
闇の中で、光がともる。
目、耳、鼻、口、手、五感と、第六感。
自分の幸福は、個人的なことかもしれないが、幸福の波動は、周りに伝わる。
ゆえに、俺の幸せは、みんなの幸せ。
コントロールできないことだらけかもしれないが、その中を生きぬいて幸せになる。
敬語、ため口、ぶっきらぼう、丁寧語、そんなのは、気分と戦略と場面で使い分ける。
頭でっかち、身体だけ、魂のみ、細かいことは気にしない。
なんでもやればいいさ、いや、なんでもやる。
動いて、寝て、食って、全ての存在と一体化。